CATEGORY 逢瀬のひび

エロマンガ 一夜限りの快楽 海辺の小屋で大乱交

僕は平屋の小屋の中で女性たちと一夜限りの天国を味わい尽くした。
だけどこうして今、一人で歩道橋を渡り見上げる月の下で、あんまりその一時のことを覚えていないことを自覚する。

夢のようだった。

俺は缶コーヒーを片手に今からスーパーに買い物へ行くだけ。その後は友達と会って一緒に飲みに行く。

俺はさわやかに生きたかったのが本心なのかもしれない。

かもと推定的に言うのは、やはり人間は弱い生き物だから今後も自分の欲に目がくらむことも断定してないとは言い切れないからだ。だけど、もう普通に生きていきたいのだ。

あの一夜は一生分の快楽だった。
一夜にして一生分のセックスの快楽を味わったのだ。
皆で。

あのひとときは、快楽の地獄のようだったのかもしれないが、俺からすれば人間の弱さだと思う。

皆、流れ流れてあの場所に行き着いた。

平屋の小屋の前には少し不気味な石像が石筒の上にまるで学校の校門のように置かれていた。
その小屋は海岸近くにあった。

皆、人生の辛酸苦汁をなめた者同士であった。

エッチな小説。

約2000字。

11ページ。

エロマンガ 【無料】お姉さんの自宅のクローゼット 小さな空間で夢中で裸

夏祭りの日、公園で浴衣姿のお姉さんと知り合ってからLINEを取り合う仲になった。

浴衣のひざ丈の裾(すそ)をまくり線香花火を楽しんでいた彼女。

当時女に野獣のように飢えて女のケツを追いかけていた俺と友人はその日も、軽い感じで声をかけた。

友人は隣にいた若い女の子たちにも手当たり次第に声をかけてどこかへ行ってしまった。

「旦那とうまくいっていないの・・・・」

彼女は目の下に小さなクマをつけてため息をついた。

元旦那のDVによって精神にも疾患を抱え薬も服用中していた時もあったらしいが、今は元気を取り戻し単なる夫さんの愛情不足とのことだ。

LINEをやりとりするうちに、一度会ってみようということになった。

名前はユリナさん。

ユリナさんの自宅へお邪魔すると、玄関に大きな壺が一つあってその上に掛け軸が掛けてある。掛け軸は大きな山脈の東洋画である。

お城が近くにある。
大きめの一軒家だ。

ユリナさんは俺を自宅に招くととっさにこう言った。

「お風呂入っていいかしら?」

俺は恥ずかしそうに返事をした。

ユリナさんの左太ももをぼんやりながめながら。

ホットパンツだった。太い太ももがはっきりと見えた。

エッチな小説。

約2200字。

15ページ。

エロマンガ カフェで出会った奥さん ある日道で再会し・・・・

家のすぐ近くのカフェであるためたまに顔を出しているが、スナックは大人の雰囲気すぎて行けていない。
とは言っても自分ももう30過ぎのサラリーマンなのだけど。
スナック自体の年齢層が20ほど上な感じなので・・・。

大人の世界へ足を踏み入れるのは、まだ少しはやいのかな。

エッチな小説。

約1100字。

8ページ。

エロマンガ 【無料】同級生と再会 久々に自宅を訪問 すぐさま愛のセックスへ

シュウコちゃんは昔からの幼馴染。ずっと一緒だった。
進学してから離れ離れになり、それ以来は会っていないし連絡も取り合っていない。

しばらく買い物カゴをひじにぶら下げながら、その後の話に花を咲かせた。

一度会ってみたい。その想いがずっと心のどこかにはあった。

気さくな子だったのだけど・・・・・。

確か俺たちがまだまだ青臭かった頃、シュウコちゃんがバスの裏の方でこんなことを言っていたのを記憶していて・・・。

「あーーーっ!!大人ってセックスするんだよね、セックス!!あたしもしてみたい!!!!」

エッチな小説。

約2200字。

15ページ。

エロマンガ 階段の上から落ちてきた女尻 色気漂うムッチムチの彼女とホテルへ速攻ダッシュ!!!

「きゃっ!!!」

女体は甲高い声を上げて、一緒に階段の下のコンクリートの上に倒れ込んだ俺の方を向く。

仰向けで二人が重なっている形。

抱え込むようにしたので、最初はお尻を触っていたが腕を前に回して女性のおっぱいを抱える形となっている。

むにゅっ・・・・・・

掌全体に肉感が広がる。
指の圧で肉が凹んでいる。

俺は腹をくくった。

「このままいってしまえぇぇぇぇっっっ!!!」

人生には能力だとか運だとかいろいろと必要なことはあるが、

タイミング

というのも一つの重要な要素ではないだろうか。

エッチな小説。

約2200字。

19ページ。