CATEGORY 五時半

エロマンガ マドハンド改が仲間になりたそうにこちらを見ている

突如現れた女性と思しきモンスターに童貞と罵られる●●A。

同時刻、とある動画配信プラットフォームにて生放送を行う少女H。

この二人に接点はない。

憤慨した●●はモンスターを粘土のように手でこね、まるめてしまう。
まるめられたモンスターに表出する女性器。
興味本位か、それをひたすらいじくりまわす●●A。
同時に少女Hの下腹部に強い違和感、刺激が走る。
それはまるでモンスターの局部と少女Hの陰部がシンクロしているかのように。

配信業をはじめてから日が浅いにもかかわらず、ルックスのよさ、実年齢、清純さなどの外的要因をフル活用し、それなり以上の人気を博していた少女Hは、わけもわからず窮地に追い込まれてしまう。

少女Hの境遇など知る由もない●●Aは当然のごとく、自らの欲望を満たすことしか考えない。
そこに豆があればいじるし、穴があれば入れるまでだ。

その結果、少女Hは生放送中のハプニング程度では済まされない痴態をさらしていくはめに……。
ざわつくどころではないコメント欄。鰻登りの視聴者数。
いちごパンツ、パイパン、おもらし、放尿、自慰、オナニーと、もちろんそれだけで終わるはずもなく……。

※『弟の彼女』、『息子の彼女』とヒロインが同一人物となっておりますが、話の内容的に連続性などはございません。
今作を単独でお読みいただいても問題のない内容になっていると思います。
一応、時系列的には、弟の彼女~息子の彼女~今作とお考えいただけたら幸いです。

基本CG枚数 5枚+α
本編68枚
コメントの有無、セリフの有無、別コマの有無で合計254枚

画像サイズ 1200×1800
PDF同梱

エロマンガ 引きこもり陰キャ女さん(31)を催●術で社会復帰

覚えたての催●術を駆使して専業主婦を落とすことに成功した相原勇斗は、20歳のフリーター。
その主婦にしゃぶられながら、催●術で引きこもり歴15年以上の一人娘の社会復帰を手助けしてほしいと頼まれる。
主婦の要求を快諾した勇斗は、そこからひと月半ほど通いつめて、ようやく一人娘(といっても、齢30オーバー)と対面することに。

眼鏡の地味めで●●顔立ち、巨乳、ミニスカート……。
勇斗はメガネで地味という点以外は、およそ15年以上引きこもっていた女性とは思えない要素に違和感を抱く。

「私、おばさんだしブスだから……」

15年以上の引きこもりのド陰キャ、ブスでおばさんという自虐発言……からの初対面の男の前でミニスカート姿という矛盾。

引きこもっていてもネットさえあれば、男遊びは不可能ではない。
違和感ばかりが残る勇斗は劣情を抑えきれず、催●術を社会復帰に対してではなく、女の本性を暴くことに尽力していくのだった。

基本CG枚数 11枚+α
本編48枚
セリフの有無(眼鏡なしバージョン含む)で合計117枚

画像サイズ 1200×1800
PDF同梱