CATEGORY たいまんっ!

エロマンガ たいまんっ!-2022-

「たいまんっ!」シリーズ 2022年のまとめパック!!!

たいまんっ! 3作品のパックです。

こちらの作品は、下記の商品を詰め合わせたものです。

たいまんっ!-ナツミちゃんに負けたくない!
たいまんっ!-メグミちゃんに負けたくない!
たいまんっ!-マドカちゃんに負けたくない!

【登場人物】
リョウマ:
●●頃合気道を習っており、地元では「格闘家」として認知されていた。
しかし、周囲からの「格闘家イメージ」が先行してしまい、実際の格闘センスは皆無である。

●●時代にキックボクシングを始めたばかりの女の子に、完全敗北した事がトラウマとなり、
女の子を痛めつける妄想を日々繰り返している。

ナツミ:
格闘技プレイが出来るお店で働いている格闘嬢。
本格的な格闘技経験はないが、「格闘プレイ」を通じて、格闘技を習得している。
当初は、友人の誘いでダイエット目的で通い始めたが、今では異性を力で屈服させる事に楽しさを見出し始めている。
自分では「格闘技の素人」と卑下しているが、持ち前の運動神経の良さで、多くの実戦を乗り越えてきている。

寝技全般を得意としており、絞め技、関節技、圧迫技などを多用する。また普段「格闘プレイ」で、
要求される変則的な技も多く習得しており、絞め技と関節技の融合技などを得意としている。

メグミ:
格闘技プレイが出来るお店に所属しているジムトレーナー。普段は自分のパーソナルジムを経営している。
身体を動かくすことが好きな体育会系で、あらゆるスポーツに精通している。自身の格闘スキル向上の為に、店に所属しており、まだ格闘歴は浅いものの、持ち前の運動神経で、打撃・絞め技・関節技などオールラウンドに、急速に成長している。

普段は気の利いた優しいお姉さんだが、真剣勝負となると、サディスティックな性格になり、
相手を徹底的に蹂躙し、しばしばやり過ぎてしまう事がある。

マドカ:
自分の対戦動画を配信している格闘系女子。
普段は主に女子との対戦をアップしているが、男子との対戦の方が再生数が伸びる事から、
最近は異性との対戦が主となっている。お嬢様学校出身の真面目な性格の持ち主である。
また年月に裏打ちされた格闘技の基礎があり、打撃・絞め技・関節技をバランスよくこなす。
今は総合格闘技を主軸に相手と対戦する事が多く、様々な対戦相手から、色々な技を吸収する柔軟性も併せ持っている。

一方で、’真面目な性格’である為、動画配信の撮れ高を意識するあまり、相手を必要以上に追い詰めてしまう事が多々ある。

Mixed Fight Clubではレア出勤で、自分の活動を応援してくれる店長の為に、
極稀に店長が指定した相手と対戦を行っている。

【物語の背景】

リョウマが風俗店をネット検索していると、ある店の名前が目に入った。
「Mixed Fight Club」。
20分10万円と一際高い値段設定だが、在籍している女の子はモデル並の容姿に加え、
格闘・スポーツ経験があり、相手になった女の子を20分間好きにしても良いという趣旨が書かれていた。
ただ20分間、女の子は一生懸命抵抗し、その際にこちらが怪我した場合でも、一切責任は取らないとのことだった。

この広告を読んで、リョウマは学生時代のある出来事を思い出していた。

クラスで活発な性格の女子の1人が、キックボクシングを始めたという事で、
休み時間に男の誰かがスパーリングの相手になろうという事になった。

リョウマは●●頃から合気道をやっていた事で、クラスの中で「格闘家」として周りから認知されていた。そういった事もあり、彼がその女の子の相手をする事になったのは自然の流れだった。
休み時間に空き教室に集まって、リョウマと女の子を囲うような円陣が出来た。
「リョウマ君相手なら、本気でやっても大丈夫だよね?」と、同級生の女の子がボクシンググローブを嵌めて、リョウマと対峙し、スパーリングが始まった・・・

しかし、そのスパーリングは誰しもが予想していない結果となった。
女の子のパンチやキックは、面白いようにリョウマを捉え、彼を圧倒してしまったのだ。
リョウマの鳩尾目掛けて、綺麗に女の子の膝蹴りがめり込み、リョウマはその場に膝をついてしまった。

リョウマは、スパーリング相手になった女の子から、「何か虐めみたくなっちゃってゴメンね・・・その・・リョウマ君なら本気でやっても大丈夫かなって思って・・・ごめんなさい。」と謝られた。

リョウマは、それがトラウマとなり合気道を辞めてしまった。それと同時に、「強い女を負かせて、痛めつけてやりたい」という歪んだ願望が、リョウマの中で芽生えていった・・・

彼は、自分の願望を成就させる為、「Mixed Fight Club」に連絡を取る・・・

【制作陣】

・イラスト
ばいおーぶ様

・企画・脚本・原案
The Nation of Head Scissors